『 うつ病 』『 繊細な人 』へのメンタルハック や インターネット上の発信について書いています。

Network Twitter

SNSに疲れた時の対策と絶対NG思考まとめ【 絶対にダメ! 】

投稿日:2020年4月10日 更新日:

疲れないようにSNSを対策して使いこなす女性


・投稿を続けるのがつらい
・タイムライン見るの疲れた
・いいね!が少ないと悲しい
・フォロワーの数が少ないと劣等感を感じる
・誰かにいいね!することに義務感を感じてきた
・特定のだれかの投稿を見てるとイライラする
・リア充爆発しろ


こんな悩みの方は、SNSに疲れている重篤患者さんです。


放っておくとイライラして、友達や家族ともイライラを持ち込んだりすることにもつながったりします。


この記事を読むと、SNSとうまく距離をとれるようになります。あんなに嫌だったSNSが楽しくなりますよ。


もくじ




私はTwitter利用はトータルで10年ほど。フェイスブックやインスタ、mixiも利用し、SNSで辞めていく人の特徴をこの10年で多く見てきました。


ポイントこの記事は5分ほどで読めます。どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサードリンク


1.SNSに疲れた時、やってはいけない2つのNG思考【 たった2つです 】

SNSに疲れないよう、考えて使う男性


SNSで疲れてしまう人の特徴的な思考があります。


それはたった2つです。


その①:他人と比較する

SNSで他人と比較しすぎない女性


「あの人は自分より遅くSNSを始めたのに、フォロワー多くてずるい。羨ましい」


なんて考えていませんか。


他人は他人です。比較は今日からやめましょう。


あなたにとって相手との比較は1mmも良いことはないです。

“いいねやフォロワーの数”が人の魅力が決まるわけではないのですから。

人は、まわりと比較して“自分は変じゃない、大丈夫”と確認したりします。これを心理学で『社会的比較理論』といいます。

これは無意識にどうしてもやってしまいます。なので、意識的に“比較しない訓練”をしましょう。徐々にできるようになりますよ。


その②:『〇〇すべき』思考に陥る

〇〇すべきと考える男性


SNSでよく目にするのがこの、『〇〇すべき』思考ですね。


自分と考えの違う人を裁こうとしている” 訳です。絶対やめましょう。


アニメ好きの周りだと、

カップリングに納得いかない女性

「〇〇というキャラと△△がカップリングするなんてありえない。作品の事をわかってないのに偉そうに語るな!」


ソシャゲ好きの周りだと、

人のプレイを馬鹿にする男性

「〇〇(キャラ名)使ってるとか情弱すぎ。△△(キャラ名)一択だろw」


時事ネタだと、

コロナで自粛しないK1に怒る男性

「コロナ自粛ムードなのに、k1開催しやがって。k1選手は外出するな」

サッカーにわかファンをブロックする男性

「ワールドカップの時だけにわかがサッカー語るな。TLで発見しだい全員ブロックする」


こんな感じ。(実際にこんな人たちがいました)


人の数だけ物の楽しみ方があります。もしこれに近い考えに陥っているなら、SNSからしばらく離れましょう。


優しい気持ちが徐々に戻り、過去の自分を反省できます。


この考えが行き過ぎると、“差別”に直結すると僕は考えてます。人類史で見ても “差別” の行く末に不幸しかないのは、賢いあなたならならもお分かりですよね。

スポンサードリンク


2.SNSに疲れた時の対策11選

SNS疲れを対策する女性


SNS疲れを軽くする対策を11個、選びました。


その①:通知を切る
その②:スマホを遠くに置く
その③:デジタル断食をする
その④:時間を決める
その⑤:リムーブられてもブロックされても当たり前と考える
その⑥:リアルで会う人と繋がらない
その⑦:SNSの数字は飾りと考える
その⑧:SNSが世界のすべてではないと考える
その⑨:気取らない
その⑩:目的に応じてアカウントを使い分ける
その⑪:ブロックやミュートをためらわない


一つずついきましょう。


その①:通知を切る


SNSの通知を切りましょう。


通知が来ると、それだけでSNSが気になって開いちゃいます。通知がくるたび一回一回開いていては、それは疲れますよ。


ミシガン州立大学の研究によると、人が集中力を切らすのにかかる時間は “たった3秒”という研究結果があります。


仕事中に通知が切ていたら、集中が切れる事は間違いありません。

私もSNSの通知は全部オフにしてます。SNSに疲れている人は、いますぐSNSの通知をオフにしましょう。


その②:スマホを遠くに置く


スマホを遠くに置くと、物理的にスマホが取れません。すると当然、SNSもできません。

スマホを作業机の一番遠くに置くなど、有効的に対策しましょう。


その③:デジタル断食をする


たまに私は、1週間SNSをしない時間を作ったりします。

驚くほど、心の疲れが取れますよ。まさに心のマッサージ。

1週間までやらなくても、スマホを持たずに30分散歩や買い物に行く。これだけでも全然違います。


SNSに疲れているならば、たまにはスマホは家に置いて出かけましょう。


その④:時間を決める


SNSの時間は決めましょう。


僕は60分以上は絶対やらないようにしています。

SNSは、あなたが少しでも長い時間楽しめるように計算しつくされた、魅惑のアプリ。

脳内麻薬が出るように設計がされていて、放っておくと何時間でも楽しめるようになっているんです。

『SNSが楽しい!』気落ちはとても分かります。

ただ同時に“お酒やギャンブルのように中毒になりかけている”感覚も同時に持ちましょう。


その⑤:リムーブされてもブロックされても当たり前と考える


よくフォローを外さたり相手からブロックされると、その文句を書き込む人がたまにいます。

少し厳しい事を言うと、そんな言い草は虫が良すぎます。考えが甘いです。


リムーブされても、ブロックされても、SNSをやる以上、それは仕方のない事です。


あなたはSNSで気になった人を、好きにフォローしたりできます。同時に嫌な人のフォローを外したり、ブロックをしたりするはず。

なのに、他人からブロックされた時だけ文句を言うのは、自分にだけ都合が良いです。

自分と同じように、ほかの人もSNSを楽しんでいます。あなたが嫌われてしまうことも残念ながらあります。そこはお互い様ですよね。

リムーブされてもブロックされても当たり前。その思考は、SNSだけでなく、仕事や生活の中でも、あなたの懐を深くしてくれますよ。

スポンサードリンク


その⑥:リアルで会う人と繋がらない


みなさん事情があるので一概に言えませんが、僕はリアルで会う人とSNSではつながらないルールで運用しています。


やましい事をするわけではないです。

しかし、リアルの人と同じタイムラインにいると、監視されてる感があって楽しめません。

加えて、リアルの人とSNSでつながって、良いことが起きた試しもありません。

もしSNSに疲れているのなら、リアルの人とつながるのをやめるとSNSが楽になりますよ。


その⑦:SNSの数字は飾りと考える


SNSの数字なんて、すべて飾りです。少なくともそう考えたほうが気持ちは楽です。


フォロワーが何人いようが、いいねがいくつ付こうが、その人の能力や魅力が変わるわけではありません。


フォロワー数3人の方が、フォロワー数10万人の方より正しく鋭い意見を持っている事は、往々にしてあります。

フォロワーやいいねの数だけで物を見ていると、バカになってしまいますよ。危険な兆候です。

フォロワーの数が活動の質と直結する部分はあります。フォロワーの数は、その人が頑張っている証でもあります。

しかし、それがすべてではない事を心に刻んでおくと、SNSに疲れず賢い情報選択もできるようになります。


繰り返します。“数字はただの飾り”です。


その⑧:SNSが世界のすべてではないと考える


当たり前の事かもですが、SNSが世界のすべてではないです。


しかし意外と、SNSにのめりこむ人ほどこう思ってしまっています。


例えば会社などで、SNSの利用者を聞いてみると、意外なほど少なかったり、インストールはしてるけど放置している人が多かったりします。


SNSで嫌な事が起きたとしても、そんなのは小さな世界の話。

2019年の時点で、Twitterの人口は約4500万人。日本の人口は約1億2000万人。約3分の1です。

SNSなんて気楽にやりましょう。


その⑨:気取らない


SNSは気取らずにやりましょう。かっこつけたり、ウケを狙いすぎると、反応が小さかったりした時にショックです。


ありのままでやった方が、疲れないですよ。

SNSNに疲れているのであれば、気取らず自然にSNSを楽しみましょう。


その⑩:目的に応じてアカウントを使い分ける


SNSは目的に応じてアカウントを使い分けると、ストレスになりにくいです。


特にビジネス運用しているアカウントは、業界の内容に直結する投稿をしなくてはなりません。

そうするとどこかで息抜き投稿をしたくなります。気持ちはとても分かります。

しかし、お客さんはそれを望んでいない場合があります。もしブランディングと遠い投稿をしたくなったら、別のアカウントでやりましょう。


僕も[プライベート用][ブログ用]で分けて投稿しています。おかげで気持ちも楽に運用できています。


以前私は、プライベートアカウントで趣味の小説を書いて広告しましたが、ぜんぜん読まれなくて凹みました。

アカウントを分けて運用した方が、マーケティングの観点でも伸びが良いので参考にしていただくと良いです。


その⑪:ブロックやミュートをためらわない


SNSで疲れているなら、ブロックやミュートはためらわずやりましょう。


“良さそうだなと思ってフォローしたけど、だんだん苦手になってきた”という経験はだれしもあるはず。


そんな時はブロックやミュートを使いましょう。

驚くほどSNS疲れやストレスが軽減されますよ。

それと同時に『自分がブロックされても、それは仕方ない』という思考をセットで持ちましょう。ここまで読んだあなたなら、もうできますよね?

スポンサードリンク


3.SNS疲れはしんどいです。他人と比較せず楽しみましょう。

SNS疲れを対策して楽しむ男女


SNS疲れはしんどいです。私もたまに疲れます。

“いいね”が少なくてもクヨクヨしてた事がありました。でも今は“そんなもんだよねー”と何も気になりません。


SNSは楽しくストレスなく使えば、良い事がたくさんあります。


この10年、フォロワーさんとごはん食べに行ったり飲みに行ったり、県外まで遊びに行ったり、一緒にラジオをやったり、楽しいことはたくさんありました。

ストレスなくSNSを楽しんでいきましょう。


ちょっと宣伝


先日、うつ病に関する書籍を発売しました。おかげさまで大好評です。うつ病の症状や不安対策に興味があれば、ぜひ読んでみてください!



うつ病を自力で治した8つの魔法 (サンタマリア書房)
スポンサードリンク



スポンサードリンク



-Network, Twitter

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

退職代行はどうやって?_アイコン

退職代行はどうやって利用する?【退職失敗する前に見ましょう】

「会社がつらい。泣きそう」 「うつ病なのに会社がやめさせてくれない」 「退職代行ってよくきくけど、法律的に大丈夫なの? 「退職代行を安易に使って、失敗したくない……」 こんな疑問を解消します。 本記事 …

ワードプレスブログを10倍見やすくする書き方【完全初心者向け】_IC

ワードプレスブログを10倍見やすくする書き方【完全初心者向け】

「自分のブログはゴチャゴチャしてて見づらいな」 「枠線とか使ってブログをすっきりさせたい」 こんな疑問へお答えします。 もくじ 1.ワードプレスブログを10倍見やすくするコツ【4つあります】 2.ワー …

プロフィール

 

 

ガンリョウプロフィール画像


こんにちは、ガンリョウです。

2014年冬にうつ病にかかり、仕事を辞める。

その後精神科に通いながら、2016年にサラリーマンに復帰。

当ブログではメンタルケアやネット発信について書いています。

Kindleで「うつ病を自力で治した8つの魔法」という書籍をだしました。