『 うつ病 』『 繊細な人 』へのメンタルハック や インターネット上の発信について書いています。

Network

退職代行って何?サービス内容とオススメ3社

投稿日:


【 本ブログの著者 】
2014年にうつ病になり、約半年の引き留めにあいながらも何とか退職。
心理学、脳科学のノウハウを駆使したメンタルトレーニングを行い続け、現在3冊の著書を発売中です。


この記事では……

大泉くん_涙

「ひどいパワハラを受けてる。すぐに仕事を辞めたい」
「退職願を出してるのに、引き止めに合っている」
「仕事を辞めたい。だけど、言っても取り合ってくれなさそう」


こんな方への強い味方になる、退職代行サービスの、


・退職代行サービスって何?
・退職代行サービスの利用の流れ
・退職代行サービスは、法律的に大丈夫なのか
・退職代行サービスのメリット
・退職代行サービスのデメリット
・退職代行サービスの信頼できるオススメ3社


これらを詳しく、簡潔に説明していきます。

もし今、会社のことで苦しんでいるようでしたら、本記事を読み、記事中のリンクから、各社のホームページに移動し、退職代行サービスを検討してみましょう。


もくじ




1.退職代行は、どんなサービスなのか?


本章は、以下の順番でご説明します。


その①:退職代行のサービス内容
その②:その②:退職代行は、法律的にはOKなの?
その③:【 重要 】退職代行は3種類ある


その①:退職代行のサービス内容


退職代行は、本人に代わって、会社へ退職意思を伝えるサービスです。


昨今、テレビやメディアで取り上げられることも多くなったので、『最近のサービスなのかな』と思われる方も多いかもしれません。

でも実は、弁護士業務の一環として、10年以上前からあるサービスなんです。


仕事を辞められない人B

「会社を辞めたいけど、自分が辞めると迷惑がかかる」
「店長に脅されて、ぜったいに辞めさせてくれない」
「仕事がつらいのは、みな同じだ!と言われ、執拗な引き留めにあう」

このように退職者を認めない悪どい企業が多く、労働者と企業とのトラブルは年々増加傾向にあるようです。


引用元:https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000643973.pdf 厚生労働省 / 令和元年度個別労働紛争解決制度の運用状況


ですので、


「会社が簡単に辞めさせてくれない」
こうしたお悩みの方に、広く利用していただくためのサービスが、退職代行サービスなわけです。


その②:退職代行は、法律的にはOKなの?


1、法律上における退職のルール
憲法第22条1項では「職業選択の自由」が定められており、労働者に対して転職や退職の自由を認めています。

(1)期間の定めのない雇用契約(無期雇用)の場合
民法627条第1項では、会社と期間の定めのない雇用契約を締結している労働者に対して、退職の日から2週間前までに会社へ申し入れれば退職できると規定しています。
(2)期間の定めのある雇用契約(有期雇用)の場合
労働者が会社と期間の定めのある雇用契約を締結している場合、原則としてやむを得ない事由がなければ雇用契約を解除することはできません(民法第628条)。
ただし、労働基準法第137条では、契約期間の初日から1年を経過した日以降においては、労働者は使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができます。
なお、(1)、(2)いずれの場合においても、使用者から明示された労働条件が事実と相違する場合には、労働者は即時に労働契約を解除できます(労働基準法第15条1項、2項)。

引用元:VERYBEST 企業法務・顧問弁護専門サイト


つまり、


・無期契約(正社員等):退職日から2週間前に会社へ申し出れば、退職可能
・有期契約(契約社員等):やむを得ない事由がなければ、契約期間中に退職はできない。しかし、契約期間の初日から1年以降であれば、退職可能


という事になるでしょうか。


大泉くん_疑問

「でも就業規定に、退職の場合は、3カ月前に申し出ることって書いてあるんだけど」


確かに上記のように、「退職は、〇ヶ月前に申し出る事」と就業規定している企業が多いでしょう。

では、下図をご覧ください。


引用元:参照:看護roo!


つまり、民法労働基準法は「法令」にあたり、就業規則よりも優先される事になります。 結論、会社は2週間前に退職を伝えられたら、従うしかないということ。


藤村さん_疑問

「でも、有期雇用は契約期間中に辞められないんだよね?」


この場合、1年以上勤めた場合は退職の申し出はOK。 その他劣悪な労働条件や、労働者の権利が明らかに守られていない等ある場合、 上記引用内の『やむをえない事由」に該当するかもしれません。


幸い、退職代行サービスは無料相談を受け付けている企業が多いので、
まずはあなたの状況で退職できるかどうか、無料相談してみましょう。


ただし、退職代行サービスを利用する際、法律をはみ出るケースがあります。

それは……


それは、退職代行サービスが『非弁行為』を行ってしまうケースです。


【 非弁行為とは 】

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:e-GOV 法令検索


簡単にいうと、弁護士や弁護士法人以外が、法律に関する取扱いをしてはいけない、という事です。


退職代行の例で言うと、


『弁護士・弁護士法人以外の退職代行サービスは、退職に関する法的な話し合いが行えない。つまり、退職の意思は伝えられるけど、企業にグズられたら、説得ができない!』


という事になります。


大泉くん_苦戦

「え、じゃあ会社に退職を渋られたらどうするの??」


こうした疑問を解消するために、次をご覧ください。


その③:【 重要 】退職代行は3種類ある


・一般業者:弁護士資格をもたない、普通の会社。企業へ退職の意思は伝えられるが、それ以上の事はできない
・弁護士:弁護士資格をもつ、退職代行サービス。企業が退職を渋っても、法的な説明が可能。
・労働組合(ユニオン):労働組合が運営する、退職代行サービス。労働者の代わりとなって会社と交渉することが法的に認められた団体なので、『非弁行為』に該当しない


つまり、退職代行を使う際は、会社に退職を拒否されるリスクを考えると、弁護士 or 労働組合 が運営するサービスを使うのが一番良いと言えそうです。


補足すると、


【 非弁行為とは 】

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用:e-GOV 法令検索


労働組合は、弁護士法72条でいう『この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。』に該当するため、企業と法的な交渉を行っても、非弁行為には当たらないワケです。


その④:退職代行のサービスの流れ


【 退職代行サービス、利用の流れ 】 
①:退職代行サービスに相談(電話 / メール / LINEなど)
②:担当者と打ち合わせ
③:料金の振り込み
④:退職代行サービスから、あなたの会社へ連絡


サービス利用前までは、無料で相談できる企業がほとんどです。

ですので、いきなり契約して後悔する前に、先方と納得いくまで相談しましょう。


2.退職代行を使うメリット


その①:「退職を言い出せない」状況を打開できる


会社が少人数で多忙であったり、上司に脅されている場合、なかなか退職は言い出せないものですよね。

私も、うつ病で退職を持ち出すときは、相当な勇気がいりました。

そんな「退職を言い出せない」状況のとき、退職代行サービスはあなたの切り札として活用できます。


その②:嫌な上司と一切会話しなくていい


退職時のネックとして、


『嫌な上司と、会話をしなくてはいけない』


これが一番嫌な人は多いでしょう。もちろん、私もそうでした。

そんな場合も、


退職の手続きは『退職代行サービス』⇔『会社』で行われるので、あなたが実際に会社側と会話をすることはありません。


これも、心理的に助かりますよね。


その③:嫌な会社との関係を切り、新たな人生をスタートできる


いたくない会社に居残ることで心を病むことなく、より良い方向へ人生を再スタートできます。


私もうつ病になって、いつまでも同じ会社に居残っていたら、体調、人間関係ともにもっと最悪になり、人生を棒に振っていたかもしれません。

人生は一度きり。嫌な会社とはすぐに関係を切り、新たな人生を切る事は間違いなく、あなたためです。嫌いな上司の手助けするより、あなたはあなた自身の手助けをするべき。

たった一度の人生をより良くするためにも、退職代行の利用を検討しましょう。


その④:無料相談できるサービスが多い


退職代行サービスは、まずは前もっての無料相談を行ってくれる企業がほとんどです。


本記事の4章で、無料相談ができて、かつ実績のある企業を3つ紹介してますので、参考にしてみてください


3.退職代行を使うデメリット


その①:料金がかかる


業界平均でおよそ、3万~5万ほどの料金がかかります。退職をご自身で伝えられるのなら、当然この費用はかかりません。

しかし、労働環境やハラスメントに悩む方であれば、人生を良くするのに3万~5万は、個人的には安いと思います。

まずは、退職の相談だけでも行ってみるといいと思います。


その②:質の低い退職代行もある


退職に失敗したり、弁護士資格がなく、非弁行為をしていしまう業者もいます。ですので、退職代行サービスは、


・実績がある
・弁護士法人 or 労働組合である


この2点を重視しましょう。


4.退職代行サービスのオススメ3社


その①:弁護士法人みやび


 弁護士法人みやびのサービス内容
  • 料金:55000円~
  • 無料相談:あり_(メール / LINE)
  • サービス実施:弁護士
  • メリット:弁護士運営なので、法的な問題も安心して相談できる
  • デメリット:料金は少し高め


弁護士事務所が運営する、退職代行サービスです。弁護士運営なので、法的な問題も、安心して交渉をお任せできます。

弁護士運営のサービス平均として、料金は高め。お金はともかく、退職を弁護士に安心して任せたい! という方には非常にオススメのサービス。

料金が少々高いですが、1から10まで弁護士対応なのは安心です。
料金はともかく、すぐに会社を辞めたい方は、検討してみましょう。

>>弁護士法人みやび 無料相談


https://twitter.com/nanasesikaww/status/1422201492790935553?s=21



その②:退職代行SARABA


 退職代行SARABAのサービス内容
  • 料金:25000円
  • 無料相談:あり_(メール / LINE)
  • サービス実施:労働組合
  • メリット:メディア紹介多数。比較的安価。労組運営で会社との交渉も◎
  • デメリット:裁判の代理人にはなれない


労働組合の運営する退職代行サービス。労働組合運営なので、退職先の企業との交渉も安心してお任せできます。

報道ステーションやとくダネ!等、TVや各種メディア掲載も豊富で、料金も弁護士のサービスよりも安く済みます。

24h対応しているので、事情により夜中に相談したい場合も対応可能なのも魅力。

もし迷っていたら、まず無料相談で悩みを解決してから、検討してみましょう。

>>退職代行SARABA 無料相談


 退職代行SARABAの口コミ




わたしNEXT


 わたしNEXTのサービス内容
  • 料金:【正社員】29800円
       【パート・アルバイト※社会保険未加入】19800円(税込)
       【サブスク】※年2回まで退職可:3300円(税別)
  • 無料相談:あり_(電話 / メール / LINE)
  • サービス実施:労働組合
  • メリット:年2回まで退職可能な、格安サブスク(月額3300円)あり
  • デメリット:裁判の代理人にはなれない


女性の悩みなどに特化したサービスですが、男性の退職にももちろん対応。

急な出費が厳しい方へ向け、月額3300円もサービスがあるのも大きな特徴で、
再就職後の職場環境が悪かったときの切り札、保険としても使えます。

創業16年、退職確率100%を誇り、信頼性も高いです。

弁護士ではなく労組なので、裁判事には立ち会えませんが、
法律で定められている労働者の退職権利を侵してまで、不利な裁判をする企業があるのかは疑問です。

まずは無料相談で、じっくり悩みを相談して、利用を検討しましょう。

わたしNEXT 無料相談


 わたしNEXTの口コミ


https://twitter.com/sruzxhsuprcjtas/status/1392784360927948800?s=21



 料金無料相談サービス実施メリットデメリット
弁護士法人みやび55000円(税込)~あり(メール / LINE)弁護士弁護士運営なので、法的な問題も安心して相談できる料金は少し高め
退職代行SARABA25000円(税込)あり(メール / LINE)労働組合メディア紹介多数。比較的安価。労組運営で、会社との交渉も◎裁判の代理人にはなれない

わたしNEXT

【正社員】29800円【パート・アルバイト※社会保険未加入】19800円(税込)サブスク ※年2回まで退職可:3300円(税別)あり(電話 / メール / LINE)労働組合年2回まで退職可能な、格安サブスク(3300円)あり。もちろん、男性も利用可能裁判の代理人にはなれない

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-Network

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Countermeasures and Absolute NG Thinking When Tired of SNS [Absolutely No! ]_ic

SNSに疲れた時の対策と絶対NG思考まとめ【 絶対にダメ! 】

・投稿を続けるのがつらい・タイムライン見るの疲れた・いいね!が少ないと悲しい・フォロワーの数が少ないと劣等感を感じる・誰かにいいね!することに義務感を感じてきた・特定のだれかの投稿を見てるとイライラす …

ワードプレスブログを10倍見やすくする書き方【完全初心者向け】_IC

ワードプレスブログを10倍見やすくする書き方【完全初心者向け】

「自分のブログはゴチャゴチャしてて見づらいな」 「枠線とか使ってブログをすっきりさせたい」 こんな疑問へお答えします。 もくじ 1.ワードプレスブログを10倍見やすくするコツ【4つあります】 2.ワー …

退職代行はどうやって?_アイコン

退職代行はどうやって利用する?【退職失敗する前に見ましょう】

「会社がつらい。泣きそう」 「うつ病なのに会社がやめさせてくれない」 「退職代行ってよくきくけど、法律的に大丈夫なの? 「退職代行を安易に使って、失敗したくない……」 こんな疑問を解消します。 本記事 …

プロフィール

 

 

ガンリョウ

顔アイコン


こんにちは、ガンリョウです。

2014年冬にうつ病にかかり、仕事を辞める。

その後精神科に通いながら、2016年にサラリーマンに復帰。

当ブログではメンタルケアやネット発信について書いています。

Kindleで「うつ病を自力で治した8つの魔法」という書籍をだしました。